2017年11月19日(日)東京 第11回マクロビオティック医学シンポジウム開催決定!!

2017年11月19日(日)13:00~
新宿で、第11回マクロビオティック医学シンポジウム開催決定!!
日本CI協会様主催のセミナーを、シェアさせていただきます。

今回は3月20日に引き続き、腸内環境をテーマにしたシンポジウムです。

腸内細菌のエサとなり便になる食物繊維を取り上げ、食物繊維研究の第一人者で、大麦の活用をすすめる大妻女子大学 家政学部 青江誠一郎 教授をお迎えします。

食物繊維はどのような働きをしているか、食物繊維が腸に与える影響など、基本的な知識を含めてご講演いただきます。

また、医学的な立場から生命科学振興会 渡邊昌理事長、マクロビオティックの立場からリマ・クッキングスクール講師 小林薫音満を加えたパネルディスカッションでは、具体的なレシピの提案や質疑応答などを予定しております。たくさんの方のご参加をお待ちしています。

第11回マクロビオティック医学シンポジウム
「玄米と大麦で腸内環境を調える!」

【日時】2017年11月19日(日)
開会:13:00/閉会16:00(開場:12:15)

【参加費】
事前申込/会員:2,500円 一般:3,000円
当日/3,500円(会員・一般共通)
※定員に達した場合、当日参加の方はご入場できないことがあります。あらかじめご了承ください。
※乳幼児連れでのご参加はご遠慮ください。

【事前申込締切】11月13日(月)
※定員に達し次第、締切になります。(定員:120名)

【会場】
AP西新宿 6F【アクセス】
新宿駅 西口より徒歩 約6分

お申込み・詳細はこちらからご覧ください

関連記事

ページ上部へ戻る