• 2017.2.16

昨今よく聞く「オーガニック」という言葉。オーガニックとはなんでしょうか?

昨今よく聞く「オーガニック」という言葉。
オーガニックとはなんでしょうか?

オーガニック
1有機体の
2科学肥料や農薬を使用していない野菜や、添加物を入れていない食料品

そもそもなぜオーガニックという言葉が注目されるようになったのでしょうか。

作物を育てるのに昔は農薬も科学肥料も使っていなかったはずなのに。全てが「オーガニック」で当たり前だったはずなのに。オーガニックという言葉が強調されるほど現代の私たちが口にする食べ物は純粋な食べ物ではないということなんでしょう。

長年百姓をされている方からお聞きした話。昔はなかった、いわゆる現代病やアトピー云々は遺伝子組替えの種(F1種)の使用に伴い農薬や科学肥料が使われるようになってから聞くようになったそうです。

そこで病院に行けば「ストレスでしょう」で片付けられ、「とりあえず処方」された薬は症状の違う患者と全く同じ薬。薬で病気になって、薬で治そうとする。

そろそろ私たちはこの異様なループに皆が気付かなくてはいけないのではないでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る