• 2017.3.12

花粉症は治る??〜マクロビオティックの花粉症軽減・予防策〜

3月になり、冬の厳しい寒さが去り過ごしやすくなってきましたね。それに伴い、花粉症に悩む方も多いのではないでしょうか。

気温が上がり行動的になれるはずが、花粉症の方には辛い季節の到来です。一日中顔をマスクで覆い、耐えることのないくしゃみや鼻水に気分が悪くなるのは残念です。

食養の一つであるマクロビオティックによると、花粉症の主要原因は冷たいミルクで、それに付随して果物・果汁・砂糖・菓子・清涼飲料水など水分過多が主たる原因とされています。また、花粉症には特に農薬が良くない影響をもたらすそうです。なるべく農薬不使用の有機・オーガニック野菜を選びましょう。

オートミール・穀物フレーク・コーングリッツなどの加工処理したものは避けるか最小限にとどめ、味噌汁もしくは味噌ご飯を毎日とることが花粉症軽減および予防になるとのことです。その他、油は最小限にとどめ、週に1〜2度野菜ソテーを作る時にごく少量使用するだけにすることをすすめています。(The マクロビオティック 久司道夫より一部引用)

マクロビオティックの経験が無い方としてはすべてを同時に行うのはかなり大変なことです。花粉症改善のために「今週は油物を控えてみよう」など、少しずつチャレンジしてみることが長続きし、良い結果をもたらすのではないでしょうか。

また、マクロビオティックは陰陽の原則(両極に偏らずバランスをとる)、身土不二(土地柄と季節にあった食べ物)、一物全体(1つのものを丸ごと皮付き根付きで食べる)など、奥が深い食養です。知れば知るほど人間の体は自然の一部であること、自然に調和することが最高の健康法なのだと認識出来るようになり、人に環境にやさしくなれるのではと思います。

薬などで普段の食事に付け足して治療する方法ではなく、不要なものを減らして本当に必要なものだけを摂取するマクロビオティックは禅・ヨガの教えにとっても似ていますね。

関連記事

ページ上部へ戻る